びっくり!

森の小径を歩いていてら,突然 

バリバリバリ ザンッ!! 

と大きな音がして木端が降ってきました。何事!? 

長さ1.4m程の枯枝がすぐ前に落ちてきていて,山側にはもっと大きなのが引っかかっていました。 

朽ちた老ヅタが落ちてきたんですね。当たったら事故でした。

老木はキクイムシやカミキリやゴキブリたちが食べ,さらにワラジムシやトビムシやミミズや菌たちも食べて土になる。そこに種が落ちて芽が出て・・・そうやって命が繋がって廻っていくんだろうな。その環の中にヒトは入れないけど。でも,今日はいい天気だ。 

アース・ミュージアム元宇品 自然観察ガイドの会
(あ)

前の記事

元宇品自然体験学習 

次の記事

小さな迷子の訪問者