アベマキのカシナガ防除,シート撤去の見学

4月12日(月)10:00~11:00

2月に元宇品小学校の4年生と、地層の観察に行く途中、赤とんぼ広場の『ナラ枯れ』防除中のアベマキを観に行きました。

粘着シートが巻かれたアベマキ(4月)

これが強力な粘着シートです。

粘着シート

30㎝×100㎝くらいの大きさです。

今日は、その粘着シートを剥がして経過を観察します。森林管理署のご好意で元宇品小の5年生、4年生と一緒にガイドメンバーもその作業を見学させて頂きました。

粘着シートが剥がされました、緊張の一瞬…

みんな興味津々です。

カシノナガキクイムシを見つけました!小さいっ!

粘着シートには色々なものがくっついていました。集中するあまり、手や足もくっついて…強力な粘着力で中々剥がれません。

捕獲されたキクイムシが少なかったので、再度粘着シートで覆います。このアベマキは春になり勢いよく新芽が出て、葉も良く茂っています。森林管理署の方のお話では、この木には十分な力があり、経過は良好で枯れる心配は無いのでは…ということでした。

元宇品小の子どもたちと、このアベマキの健康を願って赤とんぼ広場を後にしました。

アース・ミュージアム元宇品 自然観察ガイドの会
副代表 畑 久美

前の記事

キツネの小判

次の記事

若葉は赤で身を守る