星形の湿度計

元宇品の山では,きれいな星形をしたキノコのツチグリを観ることができます。地中に埋まっていて成熟すると地表に顔を出します。 

夏から冬にかけて現れますが,いつも観られるとはかぎりません。尾根の車道沿いにある法面をじっくりと観察してみてください。きっと遭えるはずです。 

成長したツチグリは,湿度があるときはきれいな星形の形が見られます。 

星形部分の外皮は,何層か重ねたようになっていて,内側の層が水分を吸収して膨張することで開閉します。 雨が降ると外皮を星形にひろげて,晴れて乾燥してくると,1日かけて外皮をとじます。この時,内皮の胞子が入った袋を包んで全体が丸まったようになります。その際に袋が圧迫されると,内皮の頂上に空いた穴(頂孔)から胞子が放出されます。 

湿度の低い晴れた日にはつぼみ,湿度の高い雨降りの日には弾けて星になるので,星形の湿度計と言われるのですね。 

アース・ミュージアム元宇品 自然観察ガイドの会 
和子 

次の記事

お墓参り